【体験談】「分娩室にいって1時間で出産した話」生レポート

ここからが「分娩室行って1時間で出産した話」編!

おなかの張りを前駆陣痛だと勘違いして焦って病院にいった話
陣痛がはじまって激痛で泣くも、おかんは全く動じない陣痛話」の最終話。

自己紹介

わたし(28)は千葉県生まれ千葉県育ちのチバニンゲン。
夫と東京の大学の入学式で知り合い、就職後にプチ遠距離恋愛を挟みながら7年半交際ののちに結婚。
私が配属先の宮城にいる時に妊娠し、千葉と宮城を往復しながらの妊婦生活。
出産1か月前~産後2か月の間、実家に里帰り。今は職場復帰し、千葉配属で千葉在住

目次

もういきんでもいいよ!

陣痛の合間、一分の休憩が挟まるため、その間にダッシュで移動。

もういきんでもいい、という割に普通めに準備を進める助産師さん。

すぐでるよ?と思いつつ、思いっきりいきむ。

2、3回、言われたとおりにいきんでみる。

「上手〜!何も言うことない!100点!」とお墨付きをもらった。よくわかんないけどありがとう。

そこからまた3回ほど本気でいきむ。「こりゃもうでちゃうな」ということで、

先生を呼んだと思ったら、次のいきみで旦那さんもすぐきて!!とバタバタし始めた。

切開するよ~

1時、ついに出産

「先生まだ?来る前に出ちゃうかも」と助産師さんが若干焦り気味のなか、おかまいなしにいきむ。

先生と夫が入る。

もうがむしゃらにいきむ。

股がさけるとかしらん。

次の痛みが来たときに、切開します、といわれた。

たしかに何か、股があついというか痛い気がした。

そしたらその1回でもう思いっきりいきまなくていいよ、っていわれて、あ、頭でたんだってわかった。

ついに生まれた!

そのあとは次の陣痛の波で60%くらいの力でいきんだ。

すると「おぎゃ!」と短い泣き声がきこえて、夫が「でてきたよ!」といった。

すぐには泣かないってどっかの記事で見たから、あれ、割とすぐ泣くんだって一瞬冷静に考えてた。笑

そのあとすぐに、「おぎゃーおぎゃー!」と泣いて、

姿がちらっと見えたから、生まれたぁ、って安堵した。

なんて可愛い声なんだろうと思った。

出産後の母体の処理

多分へその緒なんだろう、何かがどぅるるるるるんと出る感覚が続く。

先生は何も言わずに処理を進めてく。

なんか実況とかしてくれるのかなと考えてただけに、シュールだな〜と思ってた。笑

産後処理で、胎盤などをお腹をおして出していく。

これかなり痛いって聞いてたけど、別にそんな痛くなかった。

そしてお股も溶ける糸で縫合するということで、7針くらい縫われたけど、麻酔してたのもあり痛くない。

「あ〜痛いのおわった〜無事生まれてよかったあ」って余韻に浸ってた。

娘と夫と私

ほわほわ泣いている娘と、「よくがんばったねぇ」と頭をなでて褒めてくれる夫。

3人でよくがんばった、ほんとがんばった、と胸が一杯になる。

産後すぐ、お母さんの肌に触れさせたりおっぱいをのませる「カンガルーケア」をした。

産んだ体勢のまま、授乳。すぐのんでくれた。かわいい。なんだこの尊いベイビー。

よくがんばってくれた、よく私達のところへ生まれてくれた。

わが子。これが母性か。愛しい。何としても守らなくては。そんなことを考えてた。

そういえばどのくらい股切られたんだろう?

処理後、どのくらい会陰切ったんですか?ときいたら、

「切ってないよ。自然に切れたんだよ」「とてもきれいに切れたので、きれいに縫合できました」

お、おぉん。それはよかった。

切ろうとしたら切れたという、ノーリアクションだった先生のクールさに脱帽。


出産編はここまで。

2時間の休憩のあと、トイレに行って、でたところで貧血で意識がなくなって倒れた。

想定してたより体力は消耗してないつもりだったんだけど、さすがに体はフラフラだったらしい。

交通事故レベルっていうもんね。

その後は産後ハイで眠れず…報告を待ってくれていた友人たちへラインを沢山送った。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる